2020.03.26 07:10:04


テック企業が結集! 期待の高まるニュースです。

パンデミックの嵐が吹き荒れる欧州。私が住むフランスも日に日に感染者数、死者数ともに増え続けており、ロックダウンの中、陽気もいいのに外に全く出られず恐怖におののいています。今もキーボードを打つ手が震えます。

幸いなことに翻訳者の日常の姿はパンデミック前も後もあまり変わらず、在宅での仕事はお手のもの、むしろ家にいられてうれしいくらいなんですが、そうも言っていられなくなってきました。夜はやることないから翻訳しなければ筋トレばかりで、毎日筋肉痛です。フランスは農業大国なので肉、野菜、チーズとさまざまなものが割と豊富にすぐに手に入るため、もうしばらくは野菜とチーズで持ちこたえられるとは思っていますが...不安です。マジで不安です。

先ほどもSNSで知人のおばあちゃんの訃報を見たばかり。英国にいる夫家族の一員もコロナ感染して入院しています。一刻も早くこの危機を脱出できることを祈るばかりです。

ただ、世界の科学者はなにもせずに手をこまねいているわけではありません。米Gizmodoのレポートをご覧ください。

IBM、Microsoft(マイクロソフト)、Google(グーグル)そして大学や国立研究所のラボが結集し、COVID-19 ハイ・パフォーマンス・コンピューティング (HPC) コンソーシアムの結成が発表されました。

そうそうたるメンバーで構成されるこのコンソーシアムは、科学者たちにスパコン資源を自由に利用してもらえるようにするのが大きな目的で、新型コロナウイルス「Covid-19」によって引き起こされる疾病の謎に立ち向かう、大きな力となるものです。

オリジナルサイトで読む