2020.01.14 07:10:03


 繊維・産業資材メーカーの東洋織布(本社愛知県武豊町富貴宮前5、永田高明社長、電話0569・72・0173)は、農業(アグリ)事業に参入した。水耕栽培と砂耕栽培の技術を融合したハイブリッド農法を導入し、ベビーリーフの本格生産を開始した。当初は、一般消費市場向けに地域のスーパーマーケットや産直コーナーなどに出荷していたが、今後は、飲食業界向けに特化して生産量を拡大していく方針。

オリジナルサイトで読む