あらたふみな|2018.05.09

キュウリのような姿のズッキーニ。

 

正直いって私はあまり使い慣れていないお野菜です。

我が家で使うレシピと言えば、たまにパスタや炒め物に入れる程度。

 

絶対なくてならないものでもないし、スーパーで見かけても「必要ないか」とスルーしてしまうことが多いのです。

 

休み前になるとなんとなくいつもと違う食材に手を出してしまう癖があり、先日のゴールデンウィーク前に1本購入してみました。

 

作ったのは定番のラタトゥイユ。

 

作り置きできるのでそれはそれでとても便利でした。

 

そんな機会もあってズッキーニとは一体どんなお野菜なのか調べてみると、ズッキーニはかぼちゃの仲間だと知りました。

 

丸いゴルフボールのような可愛い形のものもありますが、レストランなどに出回り、残念ながら市場ではあまり手に入らないようです。

 

味はほんのり甘みがありますが、淡白でカロテンやビタミンCが豊富。

 

美肌効果もあり、低カロリーなので女性にはうれしいお野菜です。

 

油をよく吸収するので、やはり炒め物など油をつかったお料理との相性が良いです。

 

見た目はきゅうり、品種はかぼちゃ、そして扱いはナスによく似たイメージです。

かぼちゃの仲間だからといって、収穫してから寝かせても良いお野菜ではなく、なるべく早く食べることがおすすめです。

 

選び方は上から下まで太さが均一なもので表面に艶があり、傷がないもの。

 

大きくなりすぎていると味が落ちているので、大きすぎないものを選んでください。

 

保存方法はあまり温度の低いところで保存するのも良くないので、冷暗所に保管すれば大丈夫です。

 

この洋風でおしゃれなお野菜というイメージのズッキーニをもっと身近な存在にできないものだろうか、と考えてみました。

 

ナスと同じ感覚ならお漬物にしてもおいしいのでは、とふと思いつきました。

 

早速冷蔵庫の「ぬか」に漬けてみることに。

 

最近はジッパー袋入りのぬか漬けが売られていて、スペースを取らずに冷蔵庫でも簡単にお漬物が作ることができます。

 

ナスと同様に包丁で皮を何筋か剥いて実を半分にカット。

 

そのまま漬けること1日、できあがりましたズッキーニのぬか漬け。

たった1日で十分漬けられていて、ちょうど食べやすくお漬物に目がない私と娘はおいしくいただきました。

 

意外なお野菜でぬか漬けのレパートリーが1品増え、何より和食にすることで慣れないお野菜が一気に身近な存在になりました。

 

新しいレシピにチャレンジすることも楽しいですが、いつもの自分の食卓にお野菜を合わせてみることもオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

店舗詳細ページ