Lina DeMackingy|2017.10.20

皆さん、毎日勉強や仕事で忙しい日々を過ごしていませんか?外食が増えたり、手っ取り早くコンビニ弁当で済ませてしまう方も多いのではないでしょうか?

外食はどうしても栄養が偏りがちになり、カロリーも過多な傾向にあります。最近のコンビニの商品には、健康志向なものも多くありますが、添加物など気になることも。そんな忙しい現代人に、うれしい効果が期待できる食材、筆者もいま最注目の「モリンガ」を紹介します。

 

注目を浴びつつあるスーパーフード、モリンガとは?

モリンガとは熱帯や亜熱帯の地域で栽培されるワサビノキ科の植物です。インドで最も生産されており、日本でも沖縄、鹿児島、熊本などで限定的に栽培がおこなわれています。小さな白い花を咲かせ、果実、葉、オイル、根と全ての部分を活用できます。各部位によって使用用途が異なります。

 

 

【葉】

モリンガと聞いて想像されることが多いのは葉の部分ではないでしょうか?葉の部分は粉末にしたものがスーパーフードとして食用として売られています。スーパーフードとしてのモリンガの効能に関しては後程ご紹介します。

 

【ドラムスティック】

ドラムスティックとは未成熟種子の鞘のことを指します。これは湯通しした後、カレーで調理されます。ビタミンCが豊富で、食物繊維、カリウム、マンガン、マグネシウムが豊富に含まれているのだそうです。

 

【種】

種はナッツやエンドウ豆と同様にローストなどして食べます。ビタミンCやビタミンB、ミネラルを豊富に含むそうです。

 

【根】

根は香りが強く、香辛調味料として使用されるそうです。

 

【オイル】

モリンガのオイルはサプリメントや化粧品、髪や肌用の香粧品のベースとして使用されることがあるのだそう。

 

 

注目は葉に含まれる栄養素

今般「モリンガ」に含まれる栄養素に注目が集まっています。特にスーパーフードと呼ばれているのは、葉の部分です。全体の中で葉に栄養素が集中しています。別名、薬箱の木、奇跡の木とも呼ばれるモリンガ。果たしてどんなすばらしい効能が期待できるのでしょうか?

 

【モリンガ、一つで必要な栄養素を網羅?】

モリンガの葉に豊富に含まれる栄養素は以下の通りです。

  • カルシウム
  • タンパク質
  • マグネシウム
  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンC
  • カリウム
  • ビタミンA
  • 鉄分
  • GABA
  • ポリフェノール

これだけ様々な栄養素を取ろうとすると野菜から魚肉類、様々食品を食べなければいけませんね。でも、これだけの栄養素が「モリンガ」には、すべて含まれています。インドでは薬草として知られ、また貧困地域での栄養失調の改善に期待できる食材として国連が推奨しているのだそうです。

 

 

300もの病を防ぐ?

インドのアーユルベーダではモリンガは300もの病を防ぐといわれているのだそうです。実際にどのような効能が期待できるのでしょうか?

 

【現代日本人の気になる症状を網羅】

主に改善、予防が期待できる症状はこちらです。花粉症、高血圧症予防・改善、免疫力向上、便秘解消、ニキビや肌荒れの改善、アトピー改善、糖尿病改善、デトックス効果等・・・。こんなにたくさんの症状に効果が期待できるなんて驚きです。まさにスーパーフード。

 

【どのように食べればいいの?】

実は筆者はスペインでオーガニックの「モリンガパウダー」を毎日食べていました。食べ方としては、粉末ですので、朝起きたら青汁を作る要領で小さじ1杯の「モリンガパウダー」をコップ一杯の水に溶かして飲んでいました。抹茶や青汁などの苦味が好きでしたので、そのままおいしく頂いていました。中にはヨーグルトに混ぜたりする方もいるようです。

 

【過剰摂取に注意です。】

様々な効能が期待できる「モリンガ」ですが、過剰摂取は禁物です。

筆者は1日、小さじ1食していたところを、小さじ2摂取した日がありました。その時はお腹が下る症状が出てしまいました。体調や体質によっては小さじ1でもお腹が緩くなることもありますので、最初はほんとに少量から始めるといいと思います。くれぐれも効果を期待しての過剰摂取は禁物です。

 

 

いかがでしたか?日本で少しずつ話題となってきている「モリンガ」。これを毎日摂取して様々して、気になる症状を改善しましょう。
今では薬局で販売しているところもあるようですし、オンラインショップなどで自分に合った「モリンガ」を選ぶのもいいでしょう。

 

 

店舗詳細ページ