Lina DeMackingy|2017.07.26

日本も夏を迎え、毎日暑い日々で夏バテしていませんか?

夏は暑さで食欲が減る季節でもあります。そんな中でも夏ならではの食材がありますね。野菜でいえば、きゅうり、茄子、ピーマン、トマトなど、これらの野菜を使った冷たい一品は夏バテした体にうれしいですね。夏の食材は野菜だけではなく、果物もたくさんありますね。スペインの夏の果物と言えば、パイナップル、レモン、バナナ、キウイ、マンゴーなどがあります。
数ある夏の旬のフルーツの中でも、特に注目すべきはスイカです。(科学的には野菜ですが...)スペイン人は「夏のスイカは“プレゼント”のようなものです。」と言います。今回はスペインの夏の果菜の代表格、スイカについて調べました。

 

夏の果菜“スイカ”

スペインで今旬を迎えているスイカは甘くて、みずみずしくて、とってもおいしいです。スイカはおいしいだけでなく、栄養面なども素晴らしい果菜です。スイカにはどんな素晴らしい特徴があるのか、見てみましょう。

 

【水分たっぷり】

スイカは90%が水分です。みずみずしい果菜とはいえ、全体の内の90%を水分が占めているとは驚きです。このような特徴のあるスイカは暑い夏に夏バテ予防に有効な果物と言えます。

 

【赤い果肉】

赤い果肉が特徴のスイカ。この赤い部分にはβカロテン、リコピン、そしてカリウムが多く含まれています。βカロテンは抗酸化作用でがん予防が期待でき、また全身の粘膜を健康に保つ作用があります。リコピンはがん細胞の生成を抑制する効果や紫外線による肌のダメージを防ぐ効果が期待できるといいます。そして、カリウムは利尿作用があり、体内の水分を貯めこまない効果があります。むくみ改善の効果が期待できます。

 

【女性にうれしい栄養成分】

日々、ダイエットに励む女性は多いのではないでしょうか?ダイエット中にも甘いものが食べたくなりますよね?スイカは甘くておいしい上にカロリーはなんと100gあたり37カロリーととってもヘルシーです。ダイエッターの強い味方と言えますね。

 

 

スペインのスイカ事情

冒頭で、“スペイン人は「夏のスイカは“プレゼント”のようなものです。」と言います。“と書きましたが、一体どうゆうことなのでしょうか?実は旬を迎えたこの時期、スペインのスイカは驚くほど安くなります。このようなことからスペイン人はタダも同然なほど安いことを表して“プレゼント”のようなものと言うのです。

 

【激安スペインのスイカ】

では一体どれくらい安いのでしょうか?
大手スーパーMercadonaで7月現在、0.30ユーロ/1キロで売られています。スペインのスーパーは自分で計りにかけて値段を算出します。写真にあるスイカ1玉で1.88ユーロです。日本円に換算すると約235円!ちなみにこのスイカはバスケットボールほどの大きさです。日本の大手スーパーでスイカを1玉購入する場合安く出1300円ほどするのではないでしょうか?

 

【味はおいしいの?】

日本のスイカに比べると驚くほど安いスペインのスイカ。こんなに安いと味はどうなの?と思いますよね?筆者は安いことをいいことに、毎日のようにスイカを食べていますが、日本のスイカと味や品質を比較しても、さほど変わらないと思います。塩をかける必要がないほどしっかりと甘みがあります。そして、スペインのスイカは黒い堅い種がほぼなく、白い柔らかい種があるだけです。種を気にしなくて良いので、とても食べやすいです。ちなみに、スペインではスイカに塩をつける習慣はないそうです。塩をつけなくても甘いので、必要ないのかもしれませんね。

 

 

今回は、スペインのスイカ事情をご紹介しましたが、いかがでしたか?日本ではスイカはスペインで言うところの“プレゼント”とはいきませんが、栄養面でも季節を感じる食材としても、ともっても優秀な果菜。今年の夏は積極的にスイカを食べたいですね。

 

 

店舗詳細ページ